【映画】『吉原炎上』小花(西川峰子)「ここ噛んで」の意味

五社英雄監督作品・映画『吉原炎上』を子供の頃にテレビで偶然見かけたシーンが、

印象に残っていたわけですが、これが映画史上に残るトラウマシーンだと知りました。

やっぱりトラウマだよねぇ。

トラウマ的な事態は、少しでも言語化して知識にして「頭の棚に収納」しないと消化できないということですので、このシーンについて語ってみたいと思います。

それで改めて見てみました。
(Amazonプライムビデオで無料配信中だったので・・)

ちなみに、アマゾンプライムビデオ(プライム会員特典)は、日本で最も低コストに映画やテレビ番組が見放題できるサービスだと思います。Amazonで商品を購入する場合もほとんどが配送料無料になるし、最強。「Prime」と付いているものだけが無料なんですが、「そういうのって人気の無いものだけなんでしょ?」なんて思っていましたけど、ちゃんと話題のタイトルも無料配信になっていたりします。『吉原炎上』は現在、無料配信終了していますけど、Amazonの場合、似た路線のものをおススメしてくれるので、その辺も必見です。↓よかったら、ここからチェックしてみてくださいね♪

 

さて、

「西川 仁志川 峰子 ここ噛んで 意味」で検索しても「トラウマです」「凄いシーンです」「セックス依存症だから」「クンニして欲しいから」「ただたんに噛まれるのが感じるからだ」などとしか出てこないです。そんなワケない。

そこで、野暮かもしれませんが、このセリフの意味について書いてみます。

「誰でもいいからさ‥‥抱いておくれよ。ねえ‥‥噛んでよ、ここ。ここ噛んでここ! 噛んでよおっ!」

今まで敵対して、嫌がらせを受けてきた主人公の紫はこの狂気を目撃し「あんた、今まで‥‥いったい、どんな目にあってきたのよ」とつぶやく。

「なめて」とか「揉んで」とかではなくて、「噛んで」。

これは乳首や「ココ(アソコ)」を、実際、客に噛まれた事があることを示しているのでしょう。だからこそ「一体、どんな目に…」となるわけです。

自分が気持ちよくなるために女の体を買うような輩ならば、相手の苦痛はお構いなし、あるいはむしろ面白がって苦痛を与える場合もあるでしょう。

「噛んでも良いから誰か抱いてよ」「噛んでくるような客を繋ぎとめてでもナンバーワンになりたかった」

「今までどんな目に」とつぶやくのですから、「ここ噛んで」は、小春の過去を示しています。「一体どんな目に遭ってきた」というわけですから、良い目にあってきたわけではない。明らかに、酷い目に遭って来た。

狂気と錯乱の中で「噛んで」と執拗に叫ばざるを得ないような過去を彷彿させるからこそ、トラウマを与える程のシーンになるわけですね。

以上、【映画】『吉原炎上』小花(西川峰子)「ここ噛んで」の意味でした。

 

というわけで、もう一度『吉原炎上』だけ見たい場合は、Amazonでは現在の所、有料になってしまいますが、Huluの無料トライアル
や、TSUTAYAの無料トライアル、初回入会から30日間無料お試し
や、DMM.comの無料トライアル【見放題chライト】7000本以上の動画が初回2週間無料
で見て、期間中にやめれば無料ですね^^。DMMはアダルトもあるってことでプライバシー重視です。
ちなみに、Netflixも良いのですが、入会しないと現在配信中か確認できないのでご紹介はやめておきます><。

メールで更新通知を受け取る

メールアドレスを記入して登録ボタンを押せば、新規投稿時にメールでお知らせします。
(無料です)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする